レーシックの手術と保険の適用について調べてみてわかったことは

レーシックの手術を受けようと考えているなら、高価な手術ですから、健康保険が適用されればこんなに良いことはありません。しかし、実はレーシックの手術には健保は適応されず、整形手術などと同じく、自主治療とみなされ、全額自費負担なのです。
しかし、諦めるのはまだ早いです。生命保険や医療保険に加入している人で、その会社の保障の内容によってことなりますが、「手術給付金」の対象になっていることがあるのです。
ですから手持ちの約款をもう一度目を通してみることです。
現在人気の、外資系の格安の物でも、対象としている会社もあります。
ただ一つ注意が必要なのは、最近の加入においては支払いの対象は残念ながらついていないのです。
かなり以前からの加入の方のみが対象になるケースが多いのです。
支払い対象になっている場合には、数パーセントから数十パーセント位は支給されるので請求会社に確認してみる必要があります。問い合わせは、必ず、保険会社に聞いて、間違ってもクリニックには問い合わせない事です。
また、問い合わせの際のレーシック手術の正式名称は「レーザー角膜屈折矯正手術」といいます。
ですからこの正しい言い方で、問い合わせる事です。
手術給付金の請求の際には医師による診断書が必要になってきます。
請求する生保会社の多くは診断書のフォームがあります。ですから、その書類を取り寄せておいてクリニックに持って行くと良いです。診断書のフォームがない場合には、各クリニックでの診断書を用意してもらう必要があります。
クリニックによりますが、一通当たり数千円から一万円程、手数料がかかります。
また、診断書以外の入院、通院証明書が必要な場合には別途、診断書よりは少ない手数料で作成してくれます。
また、万が一手術給付金が支給されない場合でも、レーシック手術の費用は医療控除の対象にはなりますので、確定申告をすれば、もちろん全額戻ってくるわけではありませんが、或る程度の還付金が支給されます。
一年間の医療費がかかった総額が、10万円を超えそうな場合にはクリニックから発行された領収書は、必ず保管しておくことです。
この手術は、決して安いとはいえない手術です。でも安全の為に価格で妥協して手術を受けることは避けたほうが良いです。
安全なクリニックを選ぶのは第一条件で、当たり前ですが、なおかつ賢く知識は身につけておいて、お得に済ませられるのでしたら、お得な情報を得て済ませるにこしたことはないのです。