レーシックはエキシマレーザーによる角膜屈曲矯正の手術です。、

レーシックはエキシマレーザーというレーザーを使った角膜屈曲矯正の手術のことをいいます。エキシマレーザーと呼ばれるレーザーを角膜に照射することで角膜の屈曲率を変えて視力を矯正します。レーシック手術を受けて視力を矯正すれば、コンタクトレンズやメガネを使用しなくてもよくなり、裸眼で生活することができるようになります。この治療は1990年代にアメリカから広まった方法で、世界中に普及しています。日本では、2000年に厚生労働省の許可が出まして、現在に至るまで有効な視力回復治療として広がっています。レーシック手術はまず角膜の表面を薄く切り取り、フラップというものを作ります。そのフラップをめくったところにエキシマレーザーを照射し、角膜を直接削ります。その後フラップを元に戻し、自然に定着するのを待ちます。治療は短時間ですが、フラップが元にもどるのを待つために横になって体を休めることが必要になります。術後の経過を観察するために定期検診を受けることになります。レーザー治療はすぐに視力が回復することができる視力回復治療です。多くの人は、術後から数時間で視力が回復したことを実感できます。しかしこれではまだ視力回復と言えるような状態ではなく、しっかりと視力が安定するまで視力回復とは言えないのです。視力が安定するまでは、遠くのものはよく見えるのに近くのものは見えづらいや左右で見え方が違っていたり、ぼんやりとしかものが見えないなどということがあります。これも一時的なもので術後から一ヶ月もすれば、これらの症状は収まり、視力も安定していきます。視力は術後すぐから翌日には矯正されますが、安定するまでは一週間から一ヶ月かかります。なかにはドライアイなどの合併症や副作用などを引き起こす倍もありますが、それも数ヶ月で解消され視力が回復したことを感じられます。レーシックのあとのドライアイやハロ現象や光を眩しく感じることが起こる場合もありますが、時間が経つと解消されることが多いです。このレーザー治療では9割の人が視力を正常の1.0まで回復していることが注目され、近視の人で手術を受ける人が増えています。
治療を受けるクリニックは慎重に選ぶことが大切です。術後の一時的な合併症は防ぐことが難しいのです。しかしそれ以外の安全面や衛生面などの問題はクリニック側にあります。なので視力回復レーザー治療を受けるクリニックを選ぶ際には慎重に選ぶことで、安全性を高めることに繋がります。