ここ数年、有名人もしている手術ということもあり、それが宣伝になったことが引き金で「ベーシック」を、気軽に手術を受ける人々が増加しています。
1日15分~20分ほどで、手術が終わるという手軽さも、受けているのでしょう。
自由診療という扱いになので、全額自己負担となります。
そのために、クリニックによって手術費用に幅があって、10万円のところもあれば、50万円のところもあります。
一般的に最新であればあるほど、金額が高額になります。
いくつかのプランを作り、できるだけ負担のかからない価格で設定し、幅広い年齢層から、その人にあった手術内容の料金を提供するといった具合です。
レーシック機器によって、生命保険に加入している場合、給付金が支給される場合がございます。
手術を受ける前に、確認しておいた方がよいでしょう。
注意する事は、同じ保険会社でも、保険の種類によっても規約が異なります。
自分の受ける手術が支払いの対象となるかどうかは
個人では判断が難しいと思うので、保険会社に直接確認するのが安全です。
「ベーシック」の種類は、手術費用だけではございません。
適応検査費、レーシックを受ける事ができるかどうかを調べるための検査費の事です。
処方薬費、手術当日また、手術後の、検診で処方される薬費の事です。
交通費、手術前の事前検査や、数ヶ月ごとの定期検診などの交通費です。
また、ひとつのクリニックだけでなく比較して、検討するためにたくさんのクリニックを訪問する金額がかかる事でしょう。
調べてみると、出費が思ったよりかさむものです。
遠方地域でレーシックを受ける場合の宿泊費、普通、日帰りで手術を受ける事ができますが、
遠いところからの診察ならば翌日の診察が大変です。そのためには、どこかに、宿泊しての手術になるでしょう。
クリニックによっては、遠方からの診察に来られる方のために、交通費、宿泊費の一部を負担する制度を用意している場合があります。
選択した病院にこのような制度があれば、積極的に利用しましょう。
遠方のクリニックで手術した場合、定期検診は、手術したクリニックから、紹介してもらうことができる場合がございます。
その事も事前に確認しておきましょう。
再手術費、レーシックの再手術を行うために必要な費用の事です。
再手術費用はクリニックによってさまざまです。
アフターケアに、力を入れているクリニックは、再手術が生涯無料と安心して、受信できるよう。準備している場合もございます。